コンドミニアムのキッチン

コンドミニアムのキッチンに準備されている調理器具や食器の紹介と電気コンロやオーブン、ディスポーザー、食器洗い機などの使い方について解説しています。

コンドミニアムのキッチン
コンドミニアムのキッチン

冷蔵庫

冷蔵庫は映画などで見かける大型のアメリカンサイズです。1週間分の食材を買いだめして冷蔵庫に入れてもまだまだ余裕があります。冷凍食品が豊富なアメリカでは冷凍庫も広く、巨大な肉の塊や大きなピザ、2リットルのアイスクリームなども楽々収まります。冷蔵庫・冷凍庫ともに使い方は日本のものと変わりありません。

食器・調理器具

大皿、小皿、スープボウル、グラス、マグカップ、シルバー(カトラリー)などユニットの定員分の食器が揃っています。なべ、フライパン、やかん、ざる、フライ返し、おたま、缶切りなどの調理器具も一通り揃っています。包丁も数種類ありますが、日本人には大きなナイフに見えるかもしれません。切れ味はイマイチのこともあります。また、ミキサー、ジューサー、コーヒーメーカー、トースターなどの電気調理器具も揃っていることが多いです。日本人がよく利用するコンドミニアムであったり、オーナーが日本人であったりすると、炊飯器や茶碗、急須、湯飲みがおいてあることもあります。日本のものと使い勝手が異なるものもありますが、何も持っていく必要はないでしょう。

コンドミニアムの食器棚
食器類は棚に収納されています
コンドミニアムの調理器具
長期器具も一通り揃っています

電気コンロ

コンロは電気式で通常2×2の配列で4つ付いています。スイッチもまとまっており、Rear Left(後ろ側の左)とかFront Right(前側の右)とか表示されたダイヤルがあり、それを回して、High(高)、Medium(中)、Low(低)などに合わせます。選択した温度に達するのに、やや時間がかかります。ガスと違って炎が見えないので、消し忘れには注意しましょう。

コンドミニアムの電気コンロ
中央に4基あるのが電気コンロ
電気コンロのスイッチ
電気コンロのスイッチ

電子レンジ・オーブン

オーブンも電気式です。通常は電気コンロの下にあります。適当な温度を選択し、スイッチを押すだけです。電子レンジも基本的な操作は日本のものと同じです。時間を合わせてスタートボタンを押します。スイッチが1ヵ所に集中している場合、Microwaveと表示されているのが電子レンジです。

電気式のオーブン
オーブンも電気式
電子レンジ
電子レンジ

食器洗い機

最近は日本でも家庭用の食器洗い機が普及していますが、コンドミニアムのビルトイン食器洗い機は大きめのサイズでたっぷり入ります。食器をきちんと並べて入れ、扉の裏側に付いている洗剤入れのふたを開けて中に洗剤を入れます(違う場所にある場合もあります)。洗剤は食器洗い機専用のものがキッチンに備え付けられています。普通の洗剤は使用できませんので注意しましょう。スイッチは、洗い方の強弱と乾燥時間を合わせて、STARTあるいはWASHを押します。後は、仕上がるのを待つだけです。チェックアウトするときは、食器類はすべて洗浄し、棚に収納しましょう。

ビルトインの食器洗い機
ビルトインの食器洗い機
食器洗い機専用洗剤
食器洗い機専用の洗剤を使用します

ディスポーザー

ディスポーザーとはシンク(流し)の底に付いている、生ゴミ粉砕機のことです。最近は日本でも普及していますが、とても便利です。スイッチはキッチンの壁などにあります。生ゴミを入れ、水道の水を流しながらスイッチをオンにすると、内部でゴミが粉砕され水と一緒に流れていきます。チキンの骨や大きな貝殻などの堅いもの、椰子の実などの繊維質のものは入れてはいけません。内部には鋭い刃がついているので、スイッチが入っていないときでも手を入れないよう気をつけましょう。

ディスポーザーの生ゴミ投入口
生ゴミはシンクの投入口へ
ディスポーザー
この中で粉砕されて流れていきます