コンドミニアムの基礎知識

コンドミニアムとはどのようなものか、ホテルとコンドミニアムはどう違うのか、コンドミニアムの利用方法などの基礎知識について解説します。

ワイキキバニヤン
ワイキキの高層コンドミニアム ワイキキバニヤン

コンドミニアムとは

コンドミニアムとはマンションのような集合住宅のことです。ハワイのようなリゾート地では旅行者向けに物件をレンタルしていますので、リゾートマンションのように滞在することができます。個々のユニットにオーナー(所有者)がいて、オーナーが使用しない期間を管理会社に任せて旅行者に貸し出すタイプ、運営会社がコンドミニアムの物件を所有していてホテルのように運営されているタイプなどがあります。前者はバケーション・レンタルとも呼ばれています。多くの場合、コンドミニアムでは3泊程度の最低宿泊日数が設定されています。

ワイキキやアラモアナなどホノルル中心部のコンドミニアムは30〜50階建ての高層の建物が多く見られますが、オアフ島郊外やハワイ島、マウイ島などのネイバーアイランドでは、低層の建物や貸別荘対応のビラのようなゆったりした建物が多くなっています。

ヒルトン・グランドバケーションズやマリオット・バケーションクラブのような「タイムシェア」と呼ばれる形態は、それぞれのコンドミニアムの所有権を1週間単位で販売しているもので、利用形態は異なりますが滞在スタイルはコンドミニアム型です。また最近、利用者の増えているAirbnb(エアビーアンドビー)で貸し出されている物件もハワイではコンドミニアムタイプのものが多くあります。

マウイ島カアナパリのコンドミニアム
マウイ島カアナパリのコンドミニアム
マウイ島ワイレアのコンドミニアム
ゆったりとくつろげる低層タイプ

コンドミニアムとホテルの違い

ホテルでは宿泊者に部屋が1つ提供されるだけですが(スイートルーム等除く)、コンドミニアムでは、ベッドルーム、リビング、ダイニング、キッチンから成るユニットが提供されます。そのためホテルより居住スペースが広く、部屋で食事を作ったり、ゆったり過ごすことができます。コンドミニアムには1ベッドルーム、2ベッドルーム、ステューディオなどの部屋タイプがあり、家族やグループなどで宿泊する時に部屋が別々になることもありません。

コンドミニアムはホテルのように各種サービスが充実していません。レストランやルームサービスがなかったり、コンシェルジェやベルボーイがいません。メイドサービス(タオル・シーツの交換やゴミ捨てなど)は原則ありませんが、ホテルタイプの運営をしているところでは、3日に1回程度(毎日の所もあります)のサービスがあります。一方、プールやテニスコート、バーベキューグリル、ランドリールームなどの施設は充実しているところが多くなっています。

コンドミニアムの室内
コンドミニアムの室内
コンドミニアムのベッドルーム
コンドミニアムのベッドルーム

コンドミニアムのチェックイン方法

ホテル型の運営をしている多くのコンドミニアムでは、ホテルと同じようにフロントがあり、フロントでチェックインすることができます。但し、ホテルと違って夜10時ぐらいで閉まってしまうところもあるので、飛行機の到着が遅れたときやチェックイン前に出かけている場合は注意が必要です。スーツケースなどの荷物は自分で部屋まで運びます。

バケーションレンタルのコンドミニアムやビラによっては、敷地内に管理事務所があり、そこで鍵をもらう(チェックイン)タイプもあります。またメインの管理会社以外で予約した場合、そのエージェントのオフィスに寄って、先に支払いを済ませて鍵を受け取ることもありますので、予約時にチェックイン場所と鍵の受け渡しについて確認しておく必要があります。

セキュリティについて

多くのコンドミニアムでは、敷地や建物内、プール等に入るのに鍵が必要な場合があり、外部の者が立ち入りできないようになっています。コンドミニアムには旅行者だけでなくそこに住んでいる人もいるので、セキュリティには充分な配慮がされており、夜間にパトロールが回っているところもあります。また、居住者や他の滞在者の迷惑とならないよう気をつけましょう。

コンドミニアムのプール
フェンスで仕切られたプール
ワイキキビーチタワー
セキュリティのしっかりしたコンドミニアム